トラブルを予防しキレイな地肌・髪を保つには・・・


スタッフブログ » トラブルを予防しキレイな地肌・髪を保つには・・・

2015年05月24日

トラブルを予防しキレイな地肌・髪を保つには・・・

こんにちは!
最近暖かくなってきましたね。


この時期から紫外線のダメージや地肌のベタつきやニオイなど、色々な悩みが増えるかと思います。


こういった悩みを解消、トラブルを予防しキレイな地肌・髪を保つには

ご自宅でのお手入れが重要になります。



今日はお風呂でのシャンプーの仕方、ドライヤーの仕方についてご紹介します ^ ^



.轡礇鵐廖爾了妬

夏、特に気になる地肌の毛穴の皮脂汚れには、
しっかりと予洗いすることが効果的です。

余分な汚れが落ち、髪に水分が入りシャンプーの泡立ちがよくなります!

38℃くらいのぬるめのお湯で、夏は少し長めに1分〜1分半くらいしっかり予洗いすることがポイントです。

特にベタつき、ニオイが気になるときは少し熱めにすると皮脂が落ちやすくなります。


▲肇蝓璽肇瓮鵐箸里弔永

紫外線が強く、キューティクルに負担がかかるため髪がキシキシしやすい季節です。

きしむ髪にはトリートメント成分をキューティクルに浸透させることが大切です。

シャンプー後、髪から水気をしっかり切ってからトリートメントを塗布します。

水気が多いとトリートメント成分がキューティクルに付着せず流れてしまうからです。

さらに髪にトリートメントが少し残る程度に流すと、ドライ後の手触りがよくなります。



ドライヤー

根元を乾かすことが大切です。

ニオイの原因は雑菌の繁殖です。

洗った後に湿ったまま長く放置すると雑菌が繁殖してしまうので、

お風呂上がりは早く乾かすのがポイントです。

ドライヤーは20センチほど離して、地肌に風が当たるようにして、

根元部分をかくように手を動かして乾かします。

根元を先に乾かすことで自然と毛先も乾いてくるため時間短縮になります。





いかがでしたか?

キレイな髪のためには毎日のお手入れが重要です。

夏のダメージを押さえキレイな髪を維持してくださいね。


| 投稿者長谷川將志