シャンプーの仕方って??(^v^)


スタッフブログ » シャンプーの仕方って??(^v^)

2015年07月16日

シャンプーの仕方って??(^v^)

こんにちは♪

今日はお客様からよく質問される

“正しいシャンプーの仕方”についてご紹介〜ヽ(^。^)ノ


よく知っているつもりでも意外と知らないことがあるかも!です!
 
ではスタート♪



1・ブラッシングをする

 目の粗いブラシでよくとかす。
 髪のもつれを取り、ほこりなどを落とします。
 頭のテッペンからとかしても、髪がもつれないくらい目の粗いものを選んで★


2・しっかりぬらす

 地肌からしっかりぬらします。
 およそ38〜40度が適温。
 
 なぜ地肌からぬらすのか?(^◇^)

 地肌がしっかりぬれていないと、シャンプーでなかなか泡立ちません。
 それに、予洗いで髪と地肌の汚れの大半が落とせるんです。
 スタイリング剤が落ちにくいときは、お湯を当て、指の腹で髪を揉みほぐして♪
 それでも駄目なら、シャンプーを軽く泡立てて流し、本シャンプーへ。


3・シャンプーの量

 使っているシャンプーにもよりますが、ミディアムで1プッシュ程度。
 自分の髪の長さによって、量は微調整してください。
 
 泡立ちにくいと必要以上に髪をこすってしまい、傷みの原因にもなることがあるので、
 シャンプーの前に髪の水気はしっかりきることがコツです。


4・泡を地肌につける

 手のひらで軽く泡立てた泡を地肌からつけていく。
 シャンプーで一番洗わないといけないのは頭皮。
 だから、泡立てたシャンプー剤は、髪の毛ではなく地肌に直接つけていきます。
 後頭部はボリュームがあるので、シャンプー剤がつきにくい場所です。
 髪をめくってつけていきます。


5・頭皮をマッサージするように洗う

 シャンプーで洗うのは頭皮だと考えて(*^^)v
 シャンプーすることを『洗髪』と言いますが、
 『洗頭』といったイメージです(゜o゜)
 頭皮を洗えば、髪も一緒に洗えます。
 えり足など、洗い残しがないように頭全体を。
 

6・しっかりすすぐ

 地肌から流していく。
 頭皮にシャワーヘッドを当てて、地肌からしっかりと流します。
 すすぎ残しのないよう、ぬるつきがなくなるまで流して!(^^)!


いかがでしたか??

シャンプーの基本の中の基本は、

髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うこと!!!

こう考えれば、シャンプーの仕方も自然と変わってくるのではないでしょうか(^^♪


| 投稿者maki